東京地区講習会2021

2021年11月25日()19:00~21:30
外科手技のコツ 頚部椎間板ヘルニア
Zoomウェビナーによるオンラインセミナー

座長:原 康(日本獣医生命科学大学)、望月 学(東京大学)、相川 武(相川動物医療センター)
「失敗しないための知識と準備」藤田直己(東京大学)
「背側アプローチのコツ〜Dorsal laminectomy, Hemilaminectomy〜」灰井康佑(とがさき動物病院)
「腹側椎体減圧術および腹側椎体固定術のコツ」高橋文孝(YPC東京動物整形外科病院)


 繰り返される疼痛、前肢のナックリング、四肢不全麻痺などの臨床症状を呈する頚部椎間板ヘルニアは、多くの症例で適切な手術が行われると、劇的な臨床症状の改善が見込める疾患です。しかし、その術野は狭くて深いために、執刀医以外はほとんど見ることができません。本セミナーでは、手術を成功に導くために、各外科医が注意しているコツやテクニックを手術動画を交えて、余すことなく、ご紹介します。また、講演終了後には、座長を含めて総合討論を行いますので、聴講者の先生方からのご質問に時間の許す限りお答えします。是非、この機会に奮ってご参加頂き、日頃の疑問を解決して頂ければと思います。
実行委員長 高橋文孝(YPC東京動物整形外科病院)


定員:先着200名
参加費:無料(日本獣医麻酔外科学会会員・獣医学部学生・大学院生・研修医 限定)

※申込締切:11月19日(金)17:00

必須 印は必須項目となっております。

名前必須 姓: 名:
所属必須
都道府県必須
区分必須
会員番号:
メールアドレス必須
備考欄